スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊MOMOSHIKI 第40回「秘密にしてても」  

週刊MOMOSHIKI 第40回は、「秘密にしてても」です。

「秘密」って、難しいですね。
しゃべっちゃいけないことほど、誰かにしゃべりたくなってしまうもの。
「ここだけの話しだけど・・」っていう「ここだけ」がどんだけあんの?



しのぶれど 色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで


  秘密にしてても、

  つい顔に出ちゃうんだ。

  恋してるって

  バレバレ?


■ 元歌
しのぶれど 色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで

■ 元歌作者
平 兼盛(生年未詳〜990年)

■ 解説
 平 兼盛は三十六歌仙の一人で、十世紀半ばを代表する歌人。光孝天皇(015番)の玄孫で、赤染衛門(059番)の父親らしい。
 出典は拾遺集。この歌は村上天皇の天徳内裏歌合の席で「忍ぶ恋」というお題で詠まれ、壬生忠見(041番)の歌と甲乙つけ難い勝負の末、微妙な判定で勝ったという有名なエピソード付の歌。常に二首一対として扱われ、今だにどっちがいいか議論になるほどで、永遠にこの歌合戦は続くのであった。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://butanoketsunouma.blog20.fc2.com/tb.php/697-8c70647e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。