スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊MOMOSHIKI 第37回「 秋風に」  

え〜と、すんません。
ふたたび休刊してしまった週刊MOMOSHIKIですが、また復活しようかな〜〜〜・・・なんてw。

それにしても、暑い。
こう暑いと忘年会が待ち遠しすぎる。
早く秋になって欲しいぞ。

ということで、週刊MOMOSHIKI 第37回は「 秋風に」です。


白露に 風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける


  秋風に

  パッとはじける草の露。

  それはまるで

  糸の切れたネックレス。

  野原に光る真珠の玉だよ。


■ 元歌
白露に 風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける

■ 元歌作者
文屋朝康(生没年未詳)

■ 解説
 文屋朝康は古今集成立前、九世紀末の歌壇の代表的歌人。六歌仙の一人である文屋康秀(022番)の子。父と同じく官位には生涯恵まれなかった。
 出典は後撰集。高速シャッターで捕えた瞬間写真のような歌。古今集には「秋の野に置くしらつゆは玉なれやつらぬき掛くるくものいとすぢ」というやはり朝康の歌があって、こちらはちゃんと糸が繋がっているわけだ。それにしても親子で秋風が野原に吹いて来る歌だなんて、おもしろいねー。きっと定家もそこんとこ狙ってるね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://butanoketsunouma.blog20.fc2.com/tb.php/694-372e2fb2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。