スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊MOMOSHIKI 第36回「 夏の夜は」  

今夜は嵐・・・だと聞いていたのだが、
吉祥寺は静かだ・・・。

週刊MOMOSHIKI第36回は、「夏の夜は」 です。
今年はぜんぜん花見ができなかった腹いせに、もう夏!w


夏の夜は まだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ


  夏の夜は

  宵のうちに明けてしまうよ。

  あの雲のどのあたりで

  お月様は宿をとったのかな?


■ 元歌
夏の夜は まだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ

■ 元歌作者
清原深養父(生没年未詳)

■ 解説
 清原深養父は、元輔(042番)の祖父で清少納言(062番)の曾祖父。“古今調”の先駆的歌風を示した当時の代表的歌人だが、官位は低く生涯恵まれなかった。
 晩年は洛北に補陀落寺を建て隠棲。琴の名手でもあったようで、後撰集に「夏の夜、深養父が琴ひくをききて」という前書がついている歌が、兼輔(027番)や貫之(035番)に詠まれている。
 出典は古今集。深養父さんはとても内気な人だったとか。夏の月夜だというのに、一人で琴を弾いて夜明かししてしまったらしい。いい人なのにね。早くいいヨメが見つかりますように。
 絵は格子の窓から見える夏の夜明けの茜雲。これからラジオ体操に行って帰ってまた寝るっすよ。・・という子どものころを思い出しながら。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://butanoketsunouma.blog20.fc2.com/tb.php/679-d724e5e7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。