スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊MOMOSHIKI 第33回「光のどかな春の日に」  

こんばんは。
本当に一週間はあっという間です。
本日は週刊MOMOSHIKI第33回「光のどかな春の日に」をお届けします。

今の季節にぴったりの歌です。
呑気にしてる間に、春はいつも駆け足で行ってしまいますね。

ひさかたの 光のどけき春の日に しづごころなく花の散るらむ


  光のどかな春の日に

  忙しそうにそわそわと。

  桜の花はそわそわと

  光のどかな春の日に。


■ 元歌
ひさかたの 光のどけき春の日に しづごころなく花の散るらむ

■ 元歌作者
紀 友則(生年未詳〜905年)

■ 解説
 紀 友則は三十六歌仙の一人で中級官吏。古今歌人であった紀有朋の子。いとこの貫之(035番)らと共に古今集の編纂にあたったが、完成を見ることなく亡くなった。
 出典は古今集。春の日はゆったりと、ねむたげに過ぎて行く。木漏れ日の中、ハラハラと桜の花びらが落ちる映像が目に浮かぶ。桜は日本人にとって特別な花。桜が咲いたら元気に宴会!・・もいいけど、たまには一人静かに呆然として見ているのもいいよね。

でも、気をつけましょう。桜の木の下には、アレがいます。ふふふ。
いろんなことを、忘れちゃいますよ・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://butanoketsunouma.blog20.fc2.com/tb.php/669-424c88ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。