FC2ブログ











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013年学研保育用品総合カタログ巻頭の子どもの落書きは実は私が描いたと告白して吉祥寺タレカツの合い盛り丼大盛りを食らう(12.28, 2012)  

やっと解禁になったのでお知らせ。
2013年の学研保育用品総合カタログの巻頭4見開きに渡って使用されている、子どもたちが描いている(ように見える)絵ですが、実は私が描いてます。

2013年学研保育用品総合カタログ

この見開きではその絵の上に子どもたちが寝っころがってますが、これは合成ではありません。実際に絵の上に子どもたちが寝転んでいて、真上から撮影しています。

「何を描くか?」という企画の段階から関わらせていただき、こんな風にざっくり描いてあるように見えますが、実は綿密なラフスケッチがあります。
最初に「子どもって、どんな絵を描くの?」という質問をFBに投稿して、みなさんからアドバイスをいただき、それを元に「何を描こうか?」を考え、案を練りました。
はじめは「“宇宙”って夢があって自由でいいよね」って思っていたのですが、「幼い子どもには“宇宙”という概念はないだろう」ということもあり、それでもやっぱり“宇宙”への夢も捨てきれず・・・で、身近な町から海を渡り、外国の町があったり未来の町やおとぎ話のような町があり、水平線の向こうには宇宙が広がっている・・というような広大な企画になってしまいましたw。

いざ描こうとすると、どうしても絵が上手(ホントか?)になってしまうので、ラフスケッチはA3の紙に左手で。
描き辛いのですごく時間がかかってしまうのですが、そうしたほうがそれっぽい感じになります。
最終的な紙面のレイアウトも考慮しながら何度も位置の調整をしてアタリのグリッドを引き、本番の幅6メートルの紙にも等分のグリッドを引いて、ラフスケッチの絵の配置通りに描いていくのです。

撮影の前日、スタジオの担当者さんに「いつもこんな絵を描かれるのですか?」と問われ、「いんや! 実は私はもっと絵がうまいのだ!」と言い訳しながら、スタジオの床に紙を敷いて、6時間這いつくばってこの絵を描きました。
6時間描き続けたのですが、結局時間が足りず、体力も足りず(足がつる〜w)、翌日の撮影前に最後の仕上げをしました。

しゃがんで描いて、移動して、またしゃがんで描いて・・・の繰り返しなので、翌日は足がバンバンに筋肉痛。
撮影も押しに押して、延々約8時間に及んだ力作です。
子どもたちも長時間の撮影にも笑顔でよくがんばってくれました。
カメラマンさん、デザイナーさん、スタイリストさん、編集担当者さん、スタジオのスタッフのみなさんをはじめ、関係者のみなさんに感謝いたします。
大変でしたが、すごく楽しかったです。

全国の幼稚園や保育園などに配布されますから、目にする機会があったら、ぜひぜひじっくりと見てやってください。
ホントに・・・ホントはもうちょっと絵がうまいんですよ、私w。

学研の担当者さんがメイキングの写真を撮ってくれているので、それをもらったら、また載せます。



さて、きょうが仕事納めのところも多いですね。
PIG-D'Sは年末年始も絶賛営業中でございます。

吉祥寺タレカツの合い盛り丼大盛り

吉祥寺タレカツの合い盛り丼大盛り。
きょうはやっと3日かかった台所の掃除も終わったので、満足だ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://butanoketsunouma.blog20.fc2.com/tb.php/641-f6ce9815


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。