FC2ブログ











5.30, 2010 六本木アークヒルズで大島ラーメン(昼飯) 

そんなわけで、ほぼ一日、アークヒルズで過ごしました。
お昼には森ビル3Fの大島ラーメン

森ビル3Fの大島ラーメン(醤油)

ラーメン一杯900円也とは、さすが森ビル。
そのありがたいラーメンのお味は極めてふつー。(つか、ちょっと・・ね)

ラーメンを食べている途中、席は十分に空いているにもかかわらず、なぜかとなりにおばちゃんが。
で、「炒飯ください」と。
そして「薄味にしてね」と。

チャイニーズらしきバイトのおねーちゃん、やや困惑。
「ウス・・アジ・・デスカ?」

おばちゃんウォッチャーのワタクシのアンテナがピィ~んときました。
さすがだ。おばちゃんは料理人に味付けの指図もするのである。

で、薄味にしてくれたかどーだかは不明ですが、炒飯が運ばれてきて、一緒にスープも付いてきます。
するとおばちゃん「スープはいらないから、誰かにあげて」と。

「誰かにあげて」と言われても、ここは日本。そーは問屋がおろさないでしょ。
案の定、スープはそのままおばちゃんの前に。

そして、しばらくすると、誰か新しいお客さんがおばちゃんの隣に座ったようす。
私は一心にラーメンをすすります。

するとおばちゃん、「あの、よかったらこのスープ差し上げます」と、隣に座ったお客さんに。
おいおい・・・。
私は一心にラーメンをすすります。
すると隣の客が・・・
「あ、いいんですか? ありがとうございます。いただきます」と。

え、もらっちゃうの?
もらっちゃうんだ!
こりゃおいしいブログのネタげっと。うっしっし。

私は一気に汁をすすり、水をぐいと飲んで立ち上がり、お勘定を・・・と、思ったその時、
「いなださん。」

へ?

「いなださん。」

ゔぁ。

スープをもらった客は、友人のU夫妻であったことが一気に判明。
危うく食い逃げしそうだった。