スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ないちゃんバイバイ 

今週の月曜、ないちゃんがミケちゃんとうしちゃんのところへ逝った。
享年20歳4ヶ月。
ないちゃんはヒキコモリ猫で、生まれてから7年ぐらい、ご飯の時以外は机のウラから出てこなかった。
出て来てすり寄ってくれば、もっといいこいいこしてあげたのにね。
死ぬ時も忙しくてあまりかまってあげられなかったな。

ないちゃん

ないちゃんは20年間、ホントに病気ひとつしなかったから、一番長生きすると思っていた。
結局、アホの男の子2匹が残ったわけだ。

居間ではその2匹がぎゃぁぎゃぁ言うでちっとも静かにならないけど、
もう、仕事場に邪魔しに来る猫も、風呂のフタの上で寝る猫もいない。
最終的にはヒキコモリのないちゃんのハウステリトリーが一番広かったということか。

あぁ・・、きょうはちゃんと風呂に入ろう。
スポンサーサイト

ミケちゃんとウシちゃんのDEAREST 

HandSomeWORKSの富田氏が作ってくれた、ミケちゃんとウシちゃんのDEAREST

ミケちゃんとウシちゃんのDEAREST

キミたちをずっと忘れない。

ウシちゃん寝る 

うしだウシちゃん、享年19歳。
今しがた、お母さんのミケちゃんを追いかけて逝ってしまいました。
お母さんっ子だったウシちゃんは、ミケちゃんが死んだ後、ミケちゃんと同じように徐々にご飯を食べなくなり、静かに眠ってしまいました。
ウシちゃんはわがままな甘えっ子でちょっとドンクサイ、我が家のアイドルでした。
うちで生まれ、うちで育ち、楽しい思い出をたくさん残してくれました。
心からありがとう。

ウシちゃん

この写真は少し前の元気な頃のウシちゃん。
かわいく寝てるね。
今はもう、起きないけど。

ミケちゃん大往生 

多田野ミケ氏

多田野ミケ氏。
20年前に彼女はやって来た。
そのころは西荻に住んでいたのだけれど、おそらく捨て猫であったろう彼女は、その半年ぐらい前から近所でうろうろしていて、時々うちにもエサをねだりに来てはいた。
その日は雪が降っていて、あまりに気の毒になり、しかたなくうちで保護することに。
しかし、すでに彼女のお腹には仔猫がいた。
その春に彼女は4匹の仔猫を生み、私は引っ越しを余儀なくされた。
その子たちも4月で全員20歳になる。

彼女は昨年の6月に失明し、まったく目が見えなくなったけど、それでも元気にご飯を食べていた。
しかし、正月ごろから次第に食が細くなり、徐々に何も食べなくなった。
4日前まではふらつく脚で2階の仕事部屋に上がって来ようとしていたけれど、一昨日からは立つことも困難になった。
そしてきょう、彼女は静かに旅立った。
彼女は人間の年でいえば90をとうに超えているのだから、大往生だ。
その命の火が消えるまで、共に暮らせたことに感謝。
ありがとうね、ミケちゃん。

「WEB版低血圧なネコ」情報 

山下寅彦さんと渡辺真理さんのコラボ「WEB版低血圧なネコ」

WEB版低血圧なネコ

山下さんの写真に、渡辺真理さんの「言葉」が添えられています。

うちのミケちゃんは4月で20歳になる。
さすがに年をとったね。
近頃、ちょっとした音に反応して、てんかんの発作を起こすようになった。
食欲はまんまんだけど痩せてきているし、甲状腺機能亢進症じゃないかな。
あとの4匹も4月で19歳。
だんだんおばかさんになっとるな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。